被相続人とは?相続関係用語の意味について

相続人(そうぞくにん)…相続する人。夫が亡くなった時の妻、親が亡くなった時の子など。
被相続人(ひそうぞくにん)…亡くなった方。相続される人。上の例でいえば、「亡くなった夫」「亡くなった親」のことです。

相続人という言葉はまだしもわかりやすいですが、被相続人(ひ・そうぞくにん=相続される人)という言葉はわかりにくいですよね。「非・相続人(相続人でない人)」のようにも聞こえますし。
 あまり通りの良い言葉ではないと思いますが、法律の世界では完全に定着してしまっているので、このサイトでも使っていきます。

遺言(いごん)…生前のうちに、自分の死後の財産の処分等に関してする意思表示です。認知など身分行為についてすることもあります。一定の方式でした場合にのみ法的な効力が認められます。

一般には「ゆいごん」と読みますが、法律の世界では「いごん」と読むことが多いです。