債権回収

債権回収

債権回収は弁護士にお任せください。

理不尽に対しては、法律の力で対抗しましょう

中小企業いじめ、不払い等への対応は弁護士にお任せください。

現実の経済世界では、それぞれの取引主体に厳然とした力の差があります。
しかし、力を振りかざして返還すべきお金を返さなかったり、支払うべきお金を支払わないことは許されません。
今回のコロナ禍の影響は日本中に及んでいます。
多くの人々が理不尽な影響を受けていると感じる状況ですが、そのしわ寄せが弱者にばかりいくことは許されません。
弁護士は、法律の力で弱い立場にある人々のために筋を通します。
ご相談は無料ですので、まずはご相談ください。

事例01

敷金の没収を主張してきた貸主に対し、敷金の返還に加え300万円を回収した事例。

依頼者は事業用物件を借りていたのですが、建物の重大な不具合で退去を余儀なくされました。
建物の不具合が原因でしたので依頼者は貸主と退去費用等について交渉しようとしたのですが、貸主は交渉に応じず、敷金の一部の没収まで主張してきました。
やむなく依頼者は当事務所に依頼して貸主に対して訴訟を提起し、退去に関する賠償金として300万円を回収しました。

不当に受けた損害は、法律の力で回復しましょう。

不法行為や債務不履行による損害賠償請求・慰謝料請求は弁護士へご相談ください。

財産権の侵害、安全配慮義務違反によるケガ、不貞行為による婚姻関係の破壊など、誰かの不当な行為によって精神的・身体的・財産的損害が生じたときには、損害賠償の請求が可能です。
弁護士が事案にあわせた最適な請求方法をご提案します。

事例02

内容証明郵便のみで早期に慰謝料280万円を回収した事例

不貞行為の相手方に対する慰謝料請求にあたり、それまでの経緯からまずは内容証明郵便の送付による請求を選択しました。
応じない場合は訴訟の提起も予定していましたが、相手方が当方の提案に応じて慰謝料280万円を支払い、早期に解決しました。

TOP
TOP