交通事故

交通事故の被害にあわれた方へ

 交通事故の被害にあわれた場合、相手方保険会社からの賠償の提示額に不満を持たれる方が多いようです。

相談希望者
でも、保険会社の方が提案しているのだから、妥当な金額ではないのでしょうか?
いえ、各保険会社には内部的な基準があり、ご本人が示談交渉をしている場合には、裁判で認められるべき金額よりも大幅に低い基準で提案がされています。

裁判で認められるべき金額を「妥当」というのならば、保険会社の提案は妥当とはいえないことになります。

なお、弁護士に交渉を依頼した場合には、裁判をするまでもなく、保険会社からの提示額が大幅にアップすることがほとんどです。

賠償金の内容

物損

  1. 修理費(全損の場合は時価を基礎)
  2. 評価損
  3. 代車使用料
  4. その他

人損

積極損害

  1. 治療費
  2. 付添費用
  3. 将来介護費
  4. 雑費
  5. 通院交通費
  6. 装具・器具購入費
  7. 家屋・自動車等改造費
  8. その他

消極損害

  1. 休業損害
  2. 後遺症による逸失利益

慰謝料

  1. 傷害に対する慰謝料
  2. 後遺症に対する慰謝料
  3. 近親者の慰謝料

争点となりやすい点

  • 損益相殺、損害の塡補
  • 無償同乗(好意同乗)
  • 素因減額
  • 過失相殺
交通事故には上記のように多数の論点がありますので、専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

アクセスの良い天神地区で無料相談をおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

弁護士特約による対応も可能です。