過払い金返還請求

過払い金とは?

 利息制限法という法律で、利率は15~20%に制限されています。これを超える利率で貸金業者と取引をしていた場 合、弁護士が介入することで、債務残高を減らすことができます。取引期間が長い場合(おおよそ5~7年)や、高い利率での借金を完済したような場合には、 払いすぎた利息を取り戻すことができる場合があります。このような戻ってくるお金を、「過払い金」といいます。

 アコム、プロミスといった業者との取引が典型ですが、クレジットカードに付随する「カードキャッシング」によって過払い金が発生するケースもあります。

 弁護士による訴訟で多額の回収を

 最近、訴訟を行わなければ過払い金の半額程度しか返還しない業者が増えています。このような業者に対しては、積極的に訴訟を提起することで、多額の回収が見込めます。

 特に、140万円以上の過払い金の発生が見込まれる場合(10年以上の連続取引がある場合など)には、司法書士に訴訟代理権がないため、弁護士への相談をお勧めします。

長期(数十年)にわたり多数の業者と取引があったというような場合、非常に大きな額を回収できる可能性があります。

 着手金0円!

 借金問題に苦しむ方の場合、着手金の準備が困難な場合があります。このような方々のため、過払い金の発生が見込まれる場合には、着手金0円で過払い金回収をお受けしています。

 過払い金返還請求の費用について(税別)

訴訟によらない場合

着手金 0円
減額報酬 0円
報酬金 取得した過払い金の15%(最低報酬1社につき2万円)

 

訴訟による場合

着手金 0円
減額報酬 0円
日当・交通費 0円(福岡地裁・福岡簡裁の場合)
報酬金 取得した過払い金の20%(最低報酬1社につき3万円)

実費 印紙代(訴額による。例:請求額200万円の場合、1万5000円)、郵券代等(おおむね数千円~1万円程度)

※まれなケースですが、控訴がなされた場合には、別途費用を頂く場合がございます。

※残債務が残る債権者がある場合など、別途債務整理が必要となる場合があります。

まずはご相談を

 あらましは以上のとおりですが、文章を読むだけではよくわからないかもしれません。ご予約のうえ、事務所にお越しいただければ、弁護士がお会いして、丁寧に内容をご説明します。

 債務者本人だけではなく、親族の方によるご相談もお受けしています(受任する際には、ご本人と面談します)。

最近では、ご本人のお子様からのご相談がきっかけで過払い金を回収できたというケースも多くなっています。

 借金問題に関するご相談は無料ですので、今すぐご相談のご予約を。